男性

老化を防ぐ効果のある抗酸化サプリメントが人気|腸内環境も良くなる

不定愁訴でお悩みの方へ

複数の生薬

「証」を調べてみよう

更年期障害や不定愁訴で悩んでおり、薬や整体やハリ治療など色々試してみたけれども効果が感じられないという事があると思います。そういう方の中で漢方を試してみたい、または試している方も多いと思います。効果が高いと言われている治療法です。せっかく漢方を飲んでいるのに効果が無かったら残念ですよね。そのような事が無いようにここでは漢方を飲む際のポイントをまとめてみます。近頃はドラックストアなどで手軽に手に入ります。ご自分の更年期障害の症状や不定愁訴の症状に合ったものを選んで購入すると思いますが、その選んだ漢方は本当に貴方の体に合ったものでしょうか。漢方は「同じ症状」でも「証」という体質によって異なるものを処方します。つまり更年期障害や不定愁訴の症状は合っていても「証」が合っていなければ効果が出ない場合が多いのです。このような事にならないために漢方に詳しい医師の診察を受けたり、漢方の本などで自分がどの「証」なのか調べてから購入する事をおすすめします。

効果が高い理由

なぜ漢方は更年期障害や不定愁訴の治療に効果があるのでしょうか。更年期障害の症状は人によって多岐にわたります。代表的な症状としてホットフラッシュ、動悸、頻脈、発汗、イライラ、落ち込み、吐き気、月経異常、頭痛などがあります。細かく言えばもっとあります。これらの症状を西洋薬で治療しようと思ったら、頭痛なら頭痛薬、吐き気なら吐き気の薬、イライラ・落ち込みには安定剤という風にそれぞれの症状に対して有効な薬を処方されます。大量に薬を飲まなければならない事になってしまいます。それに対して漢方は数種類の生薬から出来ている事が多いため複数の症状に効果があります。また、その人の体質や体格(証)に合わせて処方されるためぴったり合えばとてもよく効きます。ご自分にぴったり合った漢方を是非見つけてみて下さい。